ヘルペスの感染を予防するには

ヘルペスはヘルペスウイルスが感染することによって起こる症状ですが、その中でも口唇ヘルペスと性器ヘルペスは良く知られています。口唇ヘルペスはキスや頬ずりなど、人と人とが接触をすることによって感染をすることが分かっています。予防をするのにはいくつかのポイントがあり、まず最初は、相手の唇や口の周りに水膨れなどの症状が現れていないか確認をすることです。とくに頬ずりなどでは親子や夫婦などの場合にリスクが高く、注意をする必要があります。健康な皮膚の場合には角層が厚いためにウイルスは侵入しにくく簡単にはかかりませんが、小さな傷や湿疹、また、アトピーなどの場合にはウイルスが侵入します。また、口唇ウイルスは感染力が強い特徴をもっており、直接的な接触だけでなく、ウイルスがついたタオルやグラスでも感染をしていまうので、ここでも注意が必要です。予防策としては症状が出ている場合には接触を避けること、また、患部に触ってしまった場合には直ぐに手を洗うことなどが上げられ、タオルなどの共有も避けなければなりません。
次に性器ヘルペスに関しては、まず、原因は性行為がほとんどだということです。例えば、風邪のように空気感染や飛沫感染はしません。性行為だけでなく、口唇ヘルペスのウイルスがオーラルセックスで感染することもあり、珍しいものとしては西洋便座から移る場合もあります。予防からするとコンドームの使用が効果的な面もありますが、性器ヘルペスの場合にはコンドームで覆われる部分以外にウイルスがいれば、その効果も薄いものとなってしまいます。効果が高い予防方法は、症状の出ている人との性行為はしないか、また、患部を触らない、そして、触った場合でも良く手を洗うことが感染の予防につながります。

ページトップへ