ヘルペスの再発のサインについて

ヘルペスの中でも性器に発症する性器ヘルペスは非常に再発率の高い病気です。
その8割以上の人が1年以内に再発しています。
その頻度は1ヶ月に数回という人もいれば年に1度くらいの人もいます。
心身の疲労やストレスがきっかけとなるので、心身の安静を心がけることが大切です。
しかしあまり神経質になってもいけません。
再発のきっかけは2つあります。
それは免疫力の低下や局所的な損傷などです。
疲労やほかの性器感染症や月経前、アルコールたくさん飲んだり強い日光にさらされる、免疫低下状態や長時間のストレスや紫外線、性行為による皮膚の摩擦や損傷になります。
この他に精神的な原因として長時間のストレスが度重なる再発を引き起こすことがあります。
しかしヘルペスの再発にはサインがあります。
約8割の人が再発の前に何らかのサインを感じています。
よく見られる物としてはむずむずしたり軽いかゆみ等です。
このほかに頭痛や下肢のしびれや全身のだるさがあります。
ヘルペスは早く治療を開始するほど軽い症状に抑えることができます。
したがってこのようなサインが見られたときにはできるだけ早く受診することが大切です。
一般的にはストレスや発熱、生理などがきっかけとなってウイルスの複製が始まります。
複製されたウイルスが再び神経経路をたどりながら皮膚組織までやってくると、水ぶくれなどの症状を引き起こします。
年に6回以上再発がある性器ヘルペスでは、症状が現れる前にウイルスの増殖を抑える再発抑制療法があります。
保険適用となっているので、医師に相談をすると良いです。
ヘルペスは規則正しい生活習慣を心がけて疲れをためず、体のサインにいち早く気がつくことが予防になります。

ページトップへ