性器ヘルペスは再発しやすい

ヘルペスとは、ウイルスは皮膚や粘膜に感染をして水ぶくれができてしまう症状のことをいいます。
ウイルスといってもごく一般的な種類のもので、例えば口唇ヘルペスの場合は、感染している日本人は20~30代で約半数、60代以上はほとんどが感染しているというデータがあります。
感染すると症状が治った後も細胞の中にじっと隠れていて、普段は何も症状が出てこないのが特徴です。
ところが風邪をひいたり疲れが溜まっていて免疫力が弱っている状態になると、突然症状が出てきて暴れだすことがあります。

様々な症状がある中で、再発しやすく悩ましいのが性器ヘルペスではないでしょうか。
性行為でうつり、初めて感染した時はとてもひどい症状があらわれます。
感染部位にかゆみを感じ、小さな水ぶくれが密着してたくさんでき、その後水ぶくれが破れ、びらん、潰瘍となります。
女性がなってしまうと、痛みで排尿ができないほど辛く、足の付け根がとても痛みます。
放っておいても3週間ほどで治ってきますが、薬物で治療を行えば1週間程度でよくなります。
しかし、症状が治まってもウイルスはいなくなったわけではありません。
ウイルスは体内に潜み続け、活動再開のチャンスを狙っているのです。
潜伏しているウイルスを、薬剤で退治することはできません。
再発の頻度は、1か月に何回も症状が出てしまう人もいれば、1年に1度くらいの人もいます。

再発でヘルペスが現れやすいときは、風で発熱をしたとき、強いストレスや疲労があるとき、紫外線を多く受けたとき、月経前、妊娠や出産時、アルコールの飲み過ぎ、何かしらの薬剤を服用中のとき、体の免疫が弱っているときなどです。
再発を繰り返すのでとてもやっかいなのですが、再発の時は初めてのときに比べて症状は軽めです。
ウイルスを持っている自覚があったり、再発を繰り返している人は、少しでもかゆみを感じたり前兆があった場合には、すぐに薬剤で治療をするといいでしょう。
病院で処方してもらった薬剤を常に用意しておくといいでしょう。
症状が悪化してしまう前にウイルスの暴走をとめることが出来れば、症状の出始めの時点で食い止めることができます。
完治することができない再発しやすい性器ヘルペスですが、薬剤がとても効果的に効くので、再発の初期段階で気付き対応することが一番の対策方法です。
さらに、普段の生活習慣が乱れて体調を崩さないように、自己管理をしていくことも再発防止につながります。

<ヘルペス治療ならジスロマックがお薦めです>

性病の薬は通販で誰にもバレずに>

<細菌を殺菌する際に用いるセフィキシム

ページトップへ